節約術 福岡で家電設置工事なら 『アカリカデン』に

福岡でエアコン工事なら 『アカリカデン』に! アンテナ工事 家電設置 その他電気工事も20年の実績

エアコン節約術


ここではエアコン全般にかかる電気代を少しでも減らす方法を掲載しています。
家庭の家電の中でもトップクラスの消費電力を誇るのがエアコンです。 しかも家族の多い家庭であれば夏場の電気代は、想像するだけでかなりの高額になってしまいます。
電気代節約を意識するなら忘れてはならない節電方法ですので家族みんなで意識・協力して節電に努めてください。
ここでは、エアコンにかかる電気代全般を節約する方法を紹介していますので参考にされてください。


フィルターをきれいにする


エアコンの電気代を減らす方法の基本としてよく知られているのが、エアコンのフィルターを2週間に一回ほどは掃除するということです。
簡単なお手入れだけで冷房効率が上昇して消費電力を減らすことが出来ます。 また衛生面でもほこりだらけのフィルターはあまりにも体に良くないので清潔な状態で使用するようにしましょう。
エアコンのフィルターの掃除は、最低でもエアコンの本番夏場前に一度フィルターを綺麗にしてから電源をつけるように心がけましょう。


エアコンの室外機


エアコンの室外機は、普段目にもとめないのですが意外と電気代にも関係しているのです。
その方法とは、室外機の周り特に前方には物を置かない!たったこれだけです。 室外機周辺の空けておいたほうが効率のよいスペースの目安は、後・横は5cm~7cm、前方最低20cmはあけると室外機による過剰な電気代消費を抑えることができます。


エアコンの風量を調整


最近の夏場の暑い時期は、35℃を超える猛暑が続いてエアコン無しでの生活は厳しいものがあります。
エアコンを常時使用している人も多いとおもいますが設定を少し変えるだけで電気代を減らせることがあります。
その設定方法は、エアコンの風量は、弱よりも自動運転の方が節約になるのです。 自動運転にしておくと設定温度になると止まったりして調節してくれるから電気代が減ることがあります。
カーテンなどで部屋の温度の上昇を抑えつつうまくエアコンを操作してみてください。


エアコン・暖房の温度調整で節電


夏・冬必需品のエアコンは、設定温度を意識することが一番簡単な電気代節約の方法です。
設定温度を低くして快適に過ごせば過ごすほど無駄に電気代を支払うことにつながります。 一般的にエアコンの適正の設定温度は、夏は設定温度は28℃以上で、冬場暖房の温度は20℃以下に設定しておくと一番節電につながると言われています。
冷房時の設定温度は1℃変わるごとに約10%電気代に変化がでると言われています。
設定温度を意識すると、環境のためにもなります。 しかし実際の話、夏場28℃では、少し暑いので扇風機やサーキュレーターなどで風を巡回させるよう工夫させると 電気代を節約しつつ快適に過ごすことができます。
カーテンなど閉めて室内への直射日光等を防いで室温上昇を抑えるのもいい方法です。


エアコンは必要な時にだけ使用


エアコンを夜寝る前にタイマーをセット。 一晩中エアコンをつけて寝ている人もいると思いますが体調面も含めてあまりおすすめはできません。
タイマーをうまく使って不要な時は、エアコンを付けないようにしましょう。 就寝時は、エアコンで冷やして就寝後2時間くらいには消えるようにタイマーをセットして扇風機等を併用したらそこまで苦なく寝ることができます。
また、ちょっとしたお出かけの時もこまめにスイッチを切り節電するようにこころがけましょう。 そしてほとんど使用の機会がない春・秋ではプラグそのものを 抜いてしまうことで節約になります。


エアコンの内部洗浄


エアコンの内部は、使用していると汚れ・ほこり・カビがたまりエアコンの効きも悪くなり、無駄に電気代を消費してエアコンの効率を下げることになります。
また、エアコン自体の寿命も短くなってしまいますのでいつも出来る限り清潔にするようにしましょう。 清潔を保つ事によってエアコンから出てくる嫌な臭い等も抑えることができます。
簡単な洗浄方法としては、最低でも一年に一回くらいは、スプレー式で簡易的にエアコン洗浄するようにしておきましょう。 しかしスプレー式では、内部の汚れを完全に落とすことが出来ないので、5年に1回はプロにしっかりと清掃してもらうことが良いです。


エアコンのルーバーで電気代節約


エアコンを使う場合に、ルーバーの方向を意識するだけで少しでも部屋を冷やす方法があります。
暖かい空気は上に、冷たくなった空気は下にたまりやすいということを知っておいてください。 これを利用すると少しは経済的なエアコン生活が出来ます。
冷房時のルーバーの向きは水平にする、暖房の時は下に向けると効率の良いエアコンの使い方になります。


除湿機能を活用する


湿度を15%減少するごとに体感温度は1℃下がります。 なのでこの除湿機能を上手く活用することで猛暑を乗り切る工夫をします。
ここで気を付けたいのがエアコンのドライ形式です。 弱冷房方式と再熱方式の2つがるのですが、 エアコンのドライ形式が弱冷房方式の場合は 冷房より10~15%の節約ができます。
もし、再熱方式の場合でしたら冷房より電気代が掛かってしまうので注意が必要です。


室外機を日陰にする


エアコンの室外機が直射日光に当たっていないでしょうか?
もし直射日光に当たっているようでしたら、 樹木やすだれなどで日陰をつくることで5~10%の節約ができます。 そのときに吹き出し口を塞がないよう気を付けましょう。


室外機の定期的なお手入れ


普段あまり気にしていなくて忘れがちですが、室外機もエアコンのフィルターと同じように定期的に掃除しましょう。
吸い込み部分の汚れを放っておくと電気の無駄遣いになります。 室外機の簡単な掃除方法として、まず固く絞った雑巾もしくはブラシ等で全体の汚れを落とすように綺麗にして周辺もしくは室外機の裏などの落ち葉ゴミなどを除去しましょう。
もしそれでも室外機の汚れがおちない場合は、水を使って洗浄する方法もありますが一つだけ注意してもらいたいのが室外機は基本上からの水濡れについては支障をきたしませんが、したからの水濡れには弱いということを忘れずに洗浄してください。
掃除の頻度は、年間1回程度で大丈夫ですのでよく使用する夏場前に一度掃除するということを頭に入れておきましょう。


カーテンを上手く活用


部屋の環境次第でエアコンの効き目は大きく左右されます。
その結果が電気代に大きく響いてくるのです。 そのときに一番注意したいポイントが窓です。
なぜなら、外気温と室内の温度差で冷暖房の効率が変わるからです。 冬場の場合は、厚手のカーテンを窓に付けるだけで外気からの冷気を防ぐことができます。
夏場の場合は、レースのカーテンを使用することで日差しをカットさせます。 季節にあったカーテンの使用でエアコンの効率に大きな違いが生まれるのです。
うまく工夫して電気代を節約しましょう。


エアコンを選ぶ際に気をつけること


家電の中でも消費電力の多いエアコンですが、最新のエアコンはほとんど省エネ機能が向上していて同じ時間使用しても昔の物より電気代が安くなります。

エアコンを設置する部屋 設置場所の畳数を目安に選ぶのでもし6~9畳用と表示されていると6畳は木造和室南向き、9畳用は鉄筋マンションの南向きを示しています。
エアコンの冷暖房の能力 エアコンの冷暖房の能力が表示されていますが、その数値が大きいほど室内を冷やしたり、暖めたりするパワーが大きいので部屋の広さも考えながらチェック。
エネルギー消費効率の値 消費効率は消費電力1kWあたりの冷暖房能力を表したものなので、この値が大きいほどエネルギー効率がいいので省エネに優れています。
家電の中でも消費電力の多いエアコンですが、最新のエアコンはほとんど省エネ機能が向上していて同じ時間使用しても昔の物より電気代が安くなります。